銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8591】オリックス【2022年本決算】

オリックスは1964年の設立。日本の大手総合リース会社の一つ。様々な事業を持ち不動産、銀行、クレジット等の金融サービスを多角的に展開。2021年5月発表で2022年の予想配当金は78円の維持予想となっています。考察時点での配当利回りは4.04%
銘柄考察

【米国社債ETF】iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETF LQD

いよいよ米国の金融引き締めの実施に伴い米国債の10年利回りが急上昇しています。金利が上がると社債ETFは株価が落ちる(利回りが同じであればリスクの高い社債ETFより国債に乗り換えられるのは自明の理)局面に入って来ています。LQDやAGGの買い時はいつになるのか?考察して行きたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8766】東京海上HD【2022年本決算】

東京海上HDは2002年の設立。損害保険事業・生命保険事業を展開する最大手企業の一つでM&Aで海外展開も急拡大しています。※2022年に1株を3株に分割する株式分割を実施しています。2023年の予想配当金は85円➡100円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.68%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6402】兼松エンジニアリング【2022年本決算】

兼松エンジニアリングは1971年設立。強力吸引作業に代表される特殊車両の製造・販売を行っています。 総合商社の兼松とは無関係の企業となります。2023年5月発表時点で2023年の予想配当金は55円➡35円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.03%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3023】ラサ商事【2022年本決算】

ラサ商事は1939年設立の独立系専門商社。ジルコンサンドの取り扱い国内首位。ニッチな分野で強みを持っている企業になります。※2021年の決算時に子会社との不適切な会計処理により決算報告が遅れ、これに対する再発防止策を発表しています。2023年の予想配当金は50円➡58円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.91%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7839】SHOEI【2022年本決算】

SHOEIは1959年の設立。一般向け、官公庁用(防衛省用、警察庁用)オートバイ用ヘルメットの製造・販売を手掛ける。高級ヘルメットの製造で世界首位。2022年11月発表時点で2023年の予想配当金は112円➡116円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.33%
銘柄考察

【銘柄考察 番外編】日本グロース株【9983】ファーストリテイリング【2022年本決算】

ファーストリテイリングは1963年の設立。ユニクロ・GU等の衣料品を主軸に事業を国内外に展開。商品の企画から販売までを行うSPAで世界3位の規模。
自己紹介

2023年~新たなる目標~

2023年の短期目標 ①金融総資産で1,200万円➡現在は1,002万円 ②配当所得で税引き後 年間20万円➡現在は税引き後で14万9千円 ③ブログの収益化➡現在はアドセンスで出金額到達間近 ④給与所得の向上➡現在は日本人の平均値(男女平均並み)
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2022年配当金報告

すこやか株の2022年配当金は149,745円となりました。 2022年は日本株への投資を中心に活動していましたが、配当金は実に3倍増と着実に配当金を伸ばす事が出来ました。 今年は給与手取り1か月分を目標に精進したいと思います。
資産状況

【高配当株ポートフォリオ】2022年12月31日現在 資産公開

総資産 10,028,611円 前月比 +395,893円 前年比 +3,164,166円 あけましておめでとうございます!暫定値ではありますが、総資産1000万円台到達!となりました。 今年もしっかりと積み上げて行きたいと思います!
銘柄考察

【銘柄考察 番外編】日本グロース株【8035】東京エレクトロン【2022年本決算】

【8035】東京エレクトロン※2021年5月6日時点考察 本決算 東京エレクトロンは1963年に設立され、半導体製造装置事業とフラットパネルディスプレイ製造装置事業を主に展開しており国内では首位、世界でも4番手に入る企業です。
お金の話

2024年のNISA改正に向けて投資20年計画を策定~高配当株をフル活用~

2024年よりNISAが大きく変わります。投資自体をしていなかったり、現状のNISA制度を活用していない方には伝わり辛いかと思いますが、個人的には生涯設計が変わる程の内容として衝撃を受けました。2023年はしっかりと制度改正に向けての準備を進めたいと考えています。
SBIネオモバイル証券【ネオモバ】

ネオモバがSBI証券に統合へ 今後の投資はどこで?

日本株の投資ツールとして最初期より活用していたネオモバイル証券が2023年末にサービス終了となる旨が発表されました。現在は買い付け手数料無料(売却時手数料0.55%)のSBI証券にそのまま移管する予定です。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4005】住友化学【2022年本決算】

住友化学は1913年の創業。総合化学大手の企業。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は24円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.11%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8697】日本取引所グループ【2022年本決算】

日本取引所グループは2013年の発足。東証、大阪取引所、東京商品取引所を傘下に収める国内で唯一の総合取引所グループ。2022年4月発表時点で2023年の予想配当金は72円➡52円の減配予定※2022年は記念配含となっています。考察時点での配当利回りは2.75%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました