銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9303】住友倉庫【2024年本決算】

住友倉庫は1899年創業。倉庫業・運輸業・不動産業を中心とした総合物流を展開している企業です。 2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は101円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.85%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8020】兼松【2024年本決算】増配

兼松は1889年の創業。老舗の商社で電子・IT関連事業から食品、鉄鋼・プラント事業まで様々な事業を手掛けています。※兼松エレクトロニクス・サステックを公開買い付けにより完全子会社化。 2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は90円➡100円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.31%
資産状況

【高配当株ポートフォリオ】2024年5月31日 現在 資産公開

総資産 16,042,907円 前月比 +234,245円 初の1,600万円台到達となります。100万単位の貯まる速度が確実に早くなって来ているのを実感しています。 配当金も増配ラッシュとなって来ており、6月の配当金が楽しみです。
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2024年配当金報告

2024年5月の配当金は 日本株から 27,854円(前年比 374.2%  +20,410円) 米国株から $13,52(前年比 117.36%  +$2.00) の入金(税引き後)となりました。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4503】アステラス製薬【2024年本決算】大幅減益

アステラス製薬は1923年の創業。2005年に旧山之内製薬と旧藤沢製薬の合併により設立されています。医薬品では国内2位の企業で医薬品の販売、輸出入を手掛けています。2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は70円➡74円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.73%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7483】ドウシシャ【2024年本決算】増配

ドウシシャは1974年の創業。ブランド品の卸売りから生活関連商品の企画・開発・生産・販売を中心とした開発型ビジネスモデルを展開。2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は75円➡80円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.62%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6750】エレコム【2024年本決算】増配

エレコムは1986年に設立。パソコン及びデジタル機器関連製品の開発、製造、販売を行っています。2024年5月発表時点で 2024年の予想配当金は44円➡48円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.11%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6113】アマダ【2024年本決算】好決算

アマダは1946年の創業。金属加工機械の世界トップクラスのメーカーで国内の板金加工機械のシェアは実に6割を誇ります。 2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は60円➡62円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.42%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2317】システナ【2024年本決算】増配

システナは1981年の創立。ソフトウェア開発支援を中心に自動運転・車載システム等の設計・開発等を行う。2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は10円➡12円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.30%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8058】三菱商事【2024年本決算】増配

三菱商事は1954年創立。日本の5大商社の一つで連結対象会社は合計1785社にも及ぶ大手総合商社です。 2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は70円➡100円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.96%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8306】三菱UFJ FG【2024年本決算】増配

三菱UFJ FGは合併・統合・再編を繰り返して来た東京三菱銀行とUFJ銀行が最終的に統合されて設立。日本では3大メガバンク(三菱UFJ・三井住友・みずほ)として知られる。2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は41円➡50円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.28%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8593】三菱HCキャピタル【2024年本決算】好決算

三菱HCキャピタルは2021年に旧三菱UFJリース と旧日立キャピタルが合併して設立。リース会社の規模としては国内最大手の一つ。各種物件のリース、各種物件の割賦販売、各種ファイナンス業務を展開。2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は37円➡40円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.91%
銘柄考察

SBI・J-REIT(分配)ファンド(年4回決算型) 初期募集金額26億円

SBI・J-REIT(分配)ファンド(年4回決算型) は日本国内の複数のREITへと投資を行うファンドであり、SBI日本高配当株・SBI欧州高配当株と同様の信託報酬率0.0990%と信託報酬率の低さが最大の特徴と言っても良いファンドとなっています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5288】アジアパイルHD【2024年本決算】大幅増配!

アジアパイルHDは2005年に前身であるジャパンパイル株式会社が大同コンクリート、ジオトップ、ヨーコンが経営統合されて設立。主に日本・ベトナム・ミャンマーでコンクリートパイルの製造・販売・施工を行っています。 2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は40円➡45円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.46%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7995】バルカー【2024年本決算】株価急落

バルカーは1927年の創業。シール材の大手メーカーで自動車産業向けから半導体向けの製品までニッチな分野での強みを持つ企業。2024年5月発表時点で2024年の予想配当金は150円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.82%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました