お金の話

楽天モバイル&mineo(マイネオ)2刀流で通信費月額¥1,265円へ

リベ大で紹介されていた楽天モバイル+mineoで月額通信費1,265円を実際に契約してみました! 具体的にどのようなプランなのかを解説して行きたいと思います。 そして実際に使い始めて感じたデメリットとは?
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9769】学究社【2021年本決算】

学究社は1976年の設立。中学・高校・大学への受験指導を行う進学塾『ena』の運営を手掛けており、海外赴任者の子女向けに帰国後の受験指導等も行う。2021年5月発表で2022年の予想配当金は65円の維持予想となっています。考察時点での配当利回りは4.8%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4659】エイジス【2021年本決算】

エイジスは1978年の設立。国内外で棚卸に係る事業を手掛けており、国内での棚卸代行で首位。 2021年5月発表で2022年の予想配当金は76円の維持予想となっています。考察時点での配当利回りは2.07%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5911】横川ブリッジ HD【2021年本決算】

横河ブリッジHDは1907年の創業。橋梁の設計から建築、保守等を中心に社会インフラの整備を行っています。 2021年5月発表で2022年の予想配当金は52円➡60円の増配予想となっています。考察時点での配当利回りは2.88%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4972】綜研化学【2021年度本決算】

綜研化学は1948年の創立。アクリル樹脂原料の粘着剤の製造と販売、液晶パネルや自動車等用途は多岐に渡る。 2021年5月発表で2022年の予想配当金は75円の維持予想となっています。考察時点での配当利回りは3.84%
銘柄考察

上場廃止間近?【8848】レオパレス21 続発する不祥事

レオパレス21は1973年の設立。アパート・マンションの建築・管理・販売等の不動産を主に手掛ける企業です。相次いだ不正と繰り返された不誠実な対応の結果、業績がどう推移しているのか?考察します。※2021年6月に上場廃止に係る猶予期間入り銘柄となった事を公表(債務超過による)
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4634】東洋インキSCホールディングス【2020年決算】

東洋インキSCホールディングスは1896年の創業。印刷インキで国内首位。他にも顔料、樹脂をコア素材と位置付けて展開。 2021年2月発表で2021年の予想配当金は90円の維持予想となっています。考察時点での配当利回りは4.63%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4641】アルプス技研【2020年本決算】

アルプス技研は1971年の設立。技術者の派遣業大手で、技術プロジェクトの受託事業(開発、設計、試作、製造、評価)も手掛けています。2021年2月発表で2022年の予想配当金は75円の維持となっています。考察時点での配当利回りは3.83%
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2021年6月配当金報告

2021年6月の配当金は日本株から8,381円 米国株から$45,15の入金(税引き後)となりました。 6月は配当金が集中する月になっていたのですが、まだまだ再投資をするにしても金額の規模が足りていません。次の配当が集中する12月までにどのぐらい上積みが出来るのか?高配当株、やはり簡単ではありません。
銘柄考察

【上場廃止 6628】オンキヨーホームエンターテイメント 上場廃止を数字で見る

オンキヨーホームエンターテイメントは1946年に株式会社大阪電気音響社として設立された老舗の企業で音響機器の企画・開発・製造・販売を行っています。2021年3月31日付けで上場廃止基準に抵触する見込み(債務超過による支払いの遅延)を発表しており、2021年8月1日で上場廃止となっています。
資産状況

すこやか株 月間資産公開 2021年6月30日現在ポートフォリオ

総資産 5,390,994円 前月比 +114,839円 投資用資金と生活費を同じ口座で管理している曖昧になってしまうので、あくまでも証券口座に入っているのみの金額を計上する事に変更。米国金利で一喜一憂する場面が多く、米国株の様子見が続いています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8227】しまむら【2021年本決算】

しまむらは1953年の設立。低価格で実用的な衣料を中心とした総合衣料品を取り扱う企業で、国内外で2200店舗をチェーン展開。2021年4月発表で2022年の予想配当金は220円の維持予想となっています。考察時点での配当利回りは2.13%
銘柄考察

【上場廃止 3606】レナウン 民事再生により上場廃止を数字で見る

レナウンは1902年創業の老舗アパレル企業です。近年経営状況が悪化していた所(2010年には中国繊維メーカーの傘下になる)にコロナショックに耐える事が出来ずに民事再生➡上場廃止となりました。上場廃止になった企業は何故経営破綻したのか?数字で考察していきたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4061】デンカ【2021年本決算】

デンカは1915年の設立。総合化学品会社で特殊合成ゴムから電子先端部門、ワクチンや検査試薬まで手掛けている事業は多岐に渡ります。 2021年5月発表で2022年の予想配当金は125円➡135円の増配予想となっています。考察時点での配当利回りは3.63%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9412】スカパーJSAT HD【2021年本決算】

【9412】スカパーJSAT HD ※2021年6月27日時点考察 本決算 前回考察 スカパーJSAT HD 本決算 次回考察 スカパーJSAT HDは2008年の設立。衛星インフラを所有している電気通信事業...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました