2021-10

資産状況

【高配当株ポートフォリオ】2021年10月31日現在 資産公開 総資産600万台に到達!

総資産 6,146,468円 前月比 +230,281円 総資産は600万円台に到達! 給与以外の部分でキャッシュフローを増やしたいのですが、配当金で豊かになったと実感するにはまだまだ至らず。ゆっくりとした歩みにもどかしさも感じていますが、着実に土台作りは行えているものと信じて資産構築を続けて行こうと思います。
銘柄考察

【VZ】ベライゾンコミュニケーションズ【米国高配当株】銘柄考察

【VZ】ベライゾンコミュニケーションズは米国の大手通信事業者で米国で1億1千万人の加入者を擁するベライゾン・ワイヤレスを傘下に持つ。ダウ工業株30銘柄の一つ。2021年1月発表で2021年の予想配当金は$2.47➡$2.54の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.79%
株式投資

私が東証に上場する高配当日本株のETFを選択しない理由

株式投資の鉄則として挙げられる事の一つとして投資先を分散する事は言うまでも無く重要です。米国株に関してはHDVやVYM、SPYDをメインに投資していますが、日本株に関しては個別の高配当株投資をメインに運用しています。何故すこやか株は日本の高配当株ETFに投資をしないのか? 今回はその辺りの理由を深堀りして行きたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6402】兼松エンジニアリング【本決算】

兼松エンジニアリングは1971年設立。強力吸引作業に代表される特殊車両の製造・販売を行っています。 総合商社の兼松とは無関係の企業となります。2021年8月発表で2022年の予想配当金は63円➡38円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.92%
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2021年9月配当金報告

2021年9月の配当金は日本株から644円、米国株から$32.92の入金(税引き後)となりました。 これで2021年の合計配当金額は日本株から11,851円米国株から$190.02 12月の権利確定も終わり、2021年の高配当株も終盤戦に差し掛かりつつあります。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました