2021-03

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3449】テクノフレックス

【3449】テクノフレックス テクノフレックスは2001年設立、金属加工技術を活かした配管同士の接続部分である管継手を製造する継手事業を中心に防災・工事事業・自動車・ロボット事業及び介護事業を手掛ける企業です。2020年12月発表で2021年の配当金予想は41円の維持となっています。考察時点での配当利回りは3.98%
お金の話

Googleアドセンス復活!広告制限解除!

いつの間にかGoogleアドセンスの広告が復活! 3月5日に制限を受けて以来ほぼ3週間振りにグーグルアドセンスの広告制限が解除されました 制限を受けた中で最も可能性が高いのは自スマホによる自サイトへの接続だったのかもしれません。
銘柄考察

丹青社 来期(2022年1月期)予測で大きな減配へ

丹青社の来期予測で大幅な減配 丹青社が大きく減配の予想となりました。 配当予想金額 40円➡26円 あくまでも来期見通しで出している数値です。見通しでここまで下げている事を考えると相当厳しさが窺えます。 2021年の配当性向が60%台で2022年の予測では減配しても80%越えの状況です。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当米国株【VYM】増配! 2021年3月22日発表

米国ETFのVYMが増配となりました※2021年3月22日現在 米国高配当ETFのVYMが3月の配当金額を発表配当金額は$0.6564で前年同月比で増配です。 資料作成時点での利回りは2.62%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当米国株【SPYD】増配! 2021年3月19日発表

米国ETFのSPYDが増配となりました ※2021年3月19日現在 米国高配当ETFのSPYDが3月の配当金額を発表配当金額は$0.636159で前年同月比で増配です。 資料作成時点での直近1年配当利回りは5.87%
お金の話

自動車保険を見直し 代理店型 VS ネット型

自動車保険を見直し 去年より固定費部分の見直しや、家計インフラの見直しを進めて来ました。 3月で自動車保険の更新が入るので当然見直しを行いました。 今まではニッセイ同和の代理店型自動車保険 そもそもニッセイ同和に加入した経緯はあまり...
銘柄考察

株高の中で気になる債権ETF AGG・LQD・JNKは買いなのか?

現在は米国で金利の上昇局面(FRBの見解一つで一変するのであくまで今この瞬間)に入っており、金利が上昇すると社債ETFが相対的に下落する関係にあります。今後はこの金利上昇により下落している社債ETFに着目して投資対象としてどう考えるかを考察していきます。
雑談

Googleアドセンスの広告配信が制限!

自分のサイトを見ていたら広告が表示されていなかったので、嫌な予感はしていたのですがメールを調べて見たら案の定グーグルアドセンス広告が停止されていました。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6402】兼松エンジニアリング

兼松エンジニアリングは1971年設立。強力吸引作業に代表される特殊車両の製造・販売を行っています。 総合商社の兼松とは無関係の企業となります。 2021年2月発表の3Qで配当金は43円➡63円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.14%
銘柄考察

株高の中で気になる金ETF GLD/IAUをどうみるのか?

危機感が一服?下落基調の金相場 コロナが終息に向かいつつある中で逃げ場となっていた金の価格が下落しています。 最近では高配当株投資とは違う金の様な資産に投資するのもアセットアロケーションの一環として重要では無いかと考えています。 ETFで金へ投資する事も可能なので、鋭意調査中です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました