銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3023】ラサ商事【本決算】

ラサ商事は1939年設立の独立系専門商社。ジルコンサンドの取り扱い国内首位。ニッチな分野で強みを持っている企業になります。2021年8月発表で2021年度の予想配当金は38円➡42円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.38%
銘柄考察

【HDV】米国株高配当株ETF 2021年9月期 減配

HDVの2021年6月の配当金は$0.810317 前年比で92.1%の減配となりました。 どうにも苦戦が続いている様です。SPYDと比べて前年踏み留まった分とも言えそうです。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5105】TOYO TIRE 【本決算】

TOYO TIREは1945年の設立。タイヤ事業で国内4位の規模、免震ゴムでの不正が2016年に発覚しています。 2021年2月発表で2021年の予想配当金は45円の維持となっています。考察時点での配当利回りは2.25%
銘柄考察

【上場廃止 4696】ワタベウェディング 破産・再生に準ずる状態による上場廃止を数字で見る

ワタベウエディングは1953年の創業。国内外での挙式に係る事業を展開しています。 2021年6月28日に上場廃止。興和の子会社として事業再生ADRが成立しており、事業を継続していく予定です。 コロナウイルスによる影響が直撃した事例と言えるのではないでしょうか?
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7943】ニチハ【本決算】

ニチハは1956年に木材資源の有効利用を目的に「日本ハードボード工業株式会社」として設立。窯業系外装材の製造および販売の最大手企業。2021年5月発表で予想配当金は73円➡84円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.41%
株式投資

株式投資開始から1年 すこやか株ポートフォリオ推移

2020年9月18日➡2021年8月31日 ≪日本株式≫評価額 ¥98,226➡¥1,451,791 配当予想額 ¥4,700➡¥55,670 ≪米国株式≫評価額 $1,393.7➡$11,217.6  配当予想額 $77.5➡$445.4
銘柄考察

【SPYD】米国株高配当株ETF 2021年9月期 増配

SPYDの2021年9月の配当金は$0.3435前年比で130.3%の増配となりました。 SPYDは好調な配当が続いています。しかし米国株の陰りが見え始めてもおり、年末の配当がどのようになるか不透明な部分があります。
銘柄考察

【VYM】米国株高配当株ETF 2021年9月期 増配

VYMの2021年9月の配当金は$0.7488前年比で106.2%の増配となりました。 6月では減配だったので調整された感じでしょうか?
株式投資

金融所得税が増税の可能性?高配当株はより不利に?

総裁選候補者の一人より50万以上の金融所得に対する税率を現行の20%より30%へ増税を検討するとの発言が出ています。今までは税金に関しての関心が薄かったのですが、流石に自分に係る部分ですので、やはり気になります。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6592】マブチモーター

マブチモーターは1954年創立。小型モーターの製造販売を主要な事業としており、世界でのシェアは5割を超えています。 2021年2月発表で予想配当金は107円の減配予想となっています。考察時点での配当利回りは2.89%
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2021年8月配当金報告

2021年8月の配当金は日本株から1,101円米国株から$16.49の入金(税引き後) これで2021年の合計配当金額は日本株から11,207円米国株から$157.10となりました。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9104】商船三井【2021年本決算】

【9104】商船三井 ※2021年8月27日時点考察 前回考察 商船三井 次回考察 商船三井は1878年に海外輸送を開始。船舶によるあらゆる輸送を手掛ける海運の大手です。 2021年7月発表で 202...
資産状況

すこやか株 月間資産公開 2021年8月31日現在ポートフォリオ

総資産 5,760,728円 前月比 +118,452円 日本株の購入を中心に立ち回っています。米国株は今は我慢と言った所でしょうか? 円安の影響もありますが、年間の配当金額は日米を合わせると10万円を越えて来ています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5011】ニチレキ【2021年本決算】

ニチレキは1949年の設立。アスファルト等の舗装を主に扱っており。道路舗装関連の製造・販売・開発・研究を行っている。 2021年5月発表で2022年の予想配当金は38円の維持となっています。考察時点での配当利回りは3.11%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9513】電源開発 J-POWER【2021年本決算】

電源開発は1952年の設立。電気関連事業を経営の柱としており、再生可能エネルギー、火力等の発電が中心。大間原発の建設も手掛けるが遅延。2021年4月発表で2022年の配当金は75円の維持となっています。考察時点での配当利回りは4.61%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました