2024-04

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8898】センチュリー21・ジャパン【2024年本決算】

センチュリー21・ジャパンは1983年の設立。アメリカの不動産仲介企業が大本となっており、フランチャイズとしてセンチュリー21ジャパンとして展開。FC加盟料が収益の柱となっています。伊藤忠が筆頭株主。2023年4月発表時点で 2024年の予想配当金は45円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.41%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8697】日本取引所グループ【2024年本決算】次期減益予想

日本取引所グループは2013年の発足。東証、大阪取引所、東京商品取引所を傘下に収める国内で唯一の総合取引所グループ。2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は91円➡62円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは1.63%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5334】日本特殊陶業【2024年本決算】好決算

日本特殊陶業は1936年創立。スパークプラグおよび内燃機関用関連品とニューセラミックおよびその応用商品の製造・販売を行っています。代表的な商品のスパークプラグは世界シェアトップを誇る。 2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は164円➡166円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.28%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【1928】積水ハウス【2024年本決算】増配

積水ハウスは1960年の設立。ハウスメーカーの国内大手。戸建てからマンションの建設まで、国内外での不動産事業を展開。 2024年3月発表時点で2024年の予想配当金は123円➡125円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.53%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6454】マックス 【2024年本決算】増配

マックスは1942年の創業。建築用くぎ打ち機、ホッチキスで国内首位。くぎ打ち機等のインダストリアル機器部門、事務用品のオフィス機器部門に加えて子会社で車イスの製造・販売も行う。2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は101円➡108円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.30%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6455】モリタHD【2024年本決算】増配

モリタHDは1907年の創業。消防車両で国内首位。消火器、消火設備等の防災事業に強み。産業機械事業やゴミ収集車のような環境車両事業も展開。 2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は48円➡50円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.77%
銘柄考察

SBI 欧州高配当株式(分配)純資産総額が100億円を突破!!

2月13日募集を開始した【SBI 欧州高配当株式(分配)ファンド】の純資産総額が100億円を突破!!を越えました。手数料はSBI日本高配当株式と同様の0.0990%、投資対象の利回りは年率6.12%、分配は3,6,9,12月の年4回予定となっています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3003】ヒューリック【2023年本決算】

ヒューリックは1957年に日本橋興業株式会社として設立。不動産事業を手掛けて来ており、2007年に現ヒューリック株式会社に改めて事業を展開しています。2024年1月発表時点で2024年の予想配当金は50円➡52円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.41%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6592】マブチモーター【2023年本決算】

マブチモーターは1954年創立。小型モーターの製造販売を主要な事業としており、世界でのシェアは5割を超えています。2024年2月発表時点で2024年の予想配当金は75円➡76円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.87%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2670】エービーシー・マート【2024年本決算】

エービーシー・マートは1985年の設立。靴の小売チェーン国内大手で海外でも展開。開発から販売を一括管理(SPA方式)で手掛けており、高品質、低価格、高収益が強み。2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は65.33円➡66円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.12%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2379】ディップ【2024年本決算】

ディップは1997年の設立。有料人材紹介をはじめとする人材サービスを展開。アルバイトの『バイトル』を運営。2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は88円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.28%
銘柄考察

SBI日本高配当株式(分配)ファンド(年4回決算型)初の分配金は140円に決定

2024年1月より新NISAにて購入を開始しました! 配当月が1月・4月・7月・11月と日本の高配当株が弱い月の強化が出来、そして信託報酬は0.1%を切る0.099%とかなり低額となっています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3449】テクノフレックス【2023年本決算】

テクノフレックスは2001年設立。金属加工技術を活かした配管同士の接続部分である管継手を製造する継手事業を中心に防災・工事事業・自動車・ロボット事業及び介護事業を展開。2024年3月発表時点で2024年の予想配当金は54円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.58%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6093】エスクロー・エージェント・ジャパン【2024年本決算】

エスクロー・エージェント・ジャパンは2007年の設立。BPOサービス事業・エスクローサービス事業を展開。2024年4月発表時点で2024年の予想配当金は未開示となっています。考察時点での配当利回りは3.95%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました