2022-05

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7995】バルカー【2022年本決算】

バルカーは1927年の創業。シール材の大手メーカーで自動車産業向けから半導体向けの製品までニッチな分野での強みを持つ企業。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は125円➡120円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.77%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5463】丸一鋼管【2022年本決算】

丸一鋼管は1948年の設立。溶接鋼管で国内シェアトップ。北米・アジアで積極的に事業展開。2022年5月発表時点で 2023年の予想配当金は91円➡106円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.67%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8098】稲畑産業 【2022年本決算】

2022年2月発表で2022年の予想配当金は63円➡110円の増配予想となっています。考察時点での配当利回りは4.92%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6454】マックス 【2022年本決算】

マックスは1942年の創業。建築用くぎ打ち機、ホッチキスで国内首位。くぎ打ち機等のインダストリアル機器部門、事務用品のオフィス機器部門に加えて子会社で車イスの製造・販売も行う。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は64円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.03%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8584】ジャックス【2022年本決算】

ジャックスは1954年の設立。クレジット・カード・ファイナンス事業を手掛ける大手信販会社です。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は160円➡170円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.11%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9880】イノテック【2022年本決算】

イノテックは1987年の設立。半導体関連の事業に強みがある会社で半導体設計ツール、テスターの開発・販売を主に手掛けています。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は65円➡70円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.28%
銘柄考察

事業再生ADR申請へ【4541】日医工を数字で見る【2022年本決算】

日医工は1965年の設立。後発医薬品(ジェネリック)の大手。2021年に製造における不適正な製造が発覚、医薬品製造業の業務停止命令を受けています。2022年に事業再生ADR(私的整理)を発表。もし投資をしていたら?どの時点で撤退を検討すべきかを数字で見て行きます。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4502】武田薬品工業【2022年本決算】

武田薬品工業は1781年に江戸幕府免許の元で薬種仲買商店として創業。積極的なM&Aを実施しており、2019年にシャイアーを買収。製薬会社としての売上高は国内首位、世界では第9位の規模。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は180円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.90%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9513】電源開発 J-POWER【2022年本決算】

電源開発は1952年の設立。電気関連事業を経営の柱としており、再生可能エネルギー、火力等の発電が中心。大間原発の建設も手掛けるが遅延。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は75円➡80円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.37%
お金の話

楽天モバイル&mineo(マイネオ)2刀流 楽天モバイル0円携帯終了へ

楽天経済圏の改悪ラッシュが続いています。今度は楽天モバイルの1GBまで0円プランが2022年の7月から有料になるとの発表がありました。3GBまでのプランが2022年7月以降0円➡980円[税込み1,078円]へと改定となります。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6073】アサンテ【2022年本決算】

アサンテは1970年創業のシロアリ駆除を中心とした害虫・害獣の防除を扱う事業を展開する企業です。農協との提携を通じて事業も拡大。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は62円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.23%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5288】アジアパイルHD【2022年本決算】

アジアパイルHDは2005年に前身であるジャパンパイル株式会社が大同コンクリート、ジオトップ、ヨーコンが経営統合されて設立。主に日本・ベトナム・ミャンマーでコンクリートコンクリートパイルの製造・販売・施工を行っています。 2022年月発表時点で2023年の予想配当金は20円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.66%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3763】プロシップ【2022年本決算】

【3763】プロシップ【2022年本決算】 ※2022年5月10日時点考察 プロシップは1969年の設立。固定資産管理・リース管理に強みを持ち、会計パッケージを中心に事業展開。 ・2022年3月期の売上高は25.0%増の66億8900...
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9831】ヤマダHD【2022年本決算】

ヤマダHDは1983年の設立。家電量販で首位に立つ企業で、ヤマダ電機を展開。直近では大塚家具を買収。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は未定となっています。※配当性向30%を一つの基準としているようです。考察時点での配当利回りは4.60%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3467】アグレ都市デザイン【2022年本決算】

アグレ都市デザインは2009年の設立。東京・神奈川を地盤とする新築一戸建ての設計・施工・分譲を展開。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は75円➡78円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.60%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました