2022-05

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7463】アドヴァン【2022年本決算】

アドヴァンは1975年の設立。ヨーロッパ・アジアを中心とした住宅建材の輸入・販売を手掛けています。2022年5月発表時点で 2023年の予想配当金は35円➡40円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.33%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6488】ヨシタケ【2022年本決算】

ヨシタケは1944年の創業。バルブ(自動調整弁)の生産・販売を手掛ける企業。安全弁・減圧弁で国内首位。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は25円➡26円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.55%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9432】日本電信電話【2022年本決算】

日本電信電話は1985年設立。NTTグループを展開、固定電話網を独占し、携帯・光回線に関しても高シェア。直近ではNTTドコモを完全子会社化しており、事業を再編。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は115円➡120円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.99%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7961】兼松サステック【2022年本決算】

兼松サステックは地盤改良(ジオテック)に特化した事業と木材の加工・販売を扱う企業。兼松の傘下。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は50円➡60円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.78%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8020】兼松【2022年本決算】

兼松は1889年の創業。老舗の商社で電子・IT関連事業から食品、鉄鋼・プラント事業まで様々な事業を手掛けています。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は65円➡70円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.31%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8096】兼松エレクトロニクス【2022年本決算】

兼松エレクトロニクスは1968年の設立。主にITを基盤とした企業向けのシステム設計・構築と運用のコンサルティング、販売等を手掛ける。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は155円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.16%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3817】SRA HD【2022年本決算】

SRA HDは1991年の設立。ITコンサルティング、システム構築、運用サービス等を手掛ける企業です。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は130円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.65%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5020】ENEOS HD【2022年本決算】

ENEOSは1888年の設立(日本石油会社)で石油・ガス・石炭などの精製・輸入・販売を主に手掛けています。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は22円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.31%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6113】アマダ【2022年本決算】

アマダは1946年の創業。金属加工機械の世界トップクラスのメーカーで国内の板金加工機械のシェアは実に6割を誇ります。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は38円➡46円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.58%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7995】バルカー【2022年本決算】

バルカーは1927年の創業。シール材の大手メーカーで自動車産業向けから半導体向けの製品までニッチな分野での強みを持つ企業。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は125円➡120円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.77%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5463】丸一鋼管【2022年本決算】

丸一鋼管は1948年の設立。溶接鋼管で国内シェアトップ。北米・アジアで積極的に事業展開。2022年5月発表時点で 2023年の予想配当金は91円➡106円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.67%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8098】稲畑産業 【2022年本決算】

2022年2月発表で2022年の予想配当金は63円➡110円の増配予想となっています。考察時点での配当利回りは4.92%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6454】マックス 【2022年本決算】

マックスは1942年の創業。建築用くぎ打ち機、ホッチキスで国内首位。くぎ打ち機等のインダストリアル機器部門、事務用品のオフィス機器部門に加えて子会社で車イスの製造・販売も行う。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は64円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.03%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8584】ジャックス【2022年本決算】

ジャックスは1954年の設立。クレジット・カード・ファイナンス事業を手掛ける大手信販会社です。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は160円➡170円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.11%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9880】イノテック【2022年本決算】

イノテックは1987年の設立。半導体関連の事業に強みがある会社で半導体設計ツール、テスターの開発・販売を主に手掛けています。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は65円➡70円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.28%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました