2022-10

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5334】日本特殊陶業【2022年本決算】増配修正

日本特殊陶業は1936年創立。スパークプラグおよび内燃機関用関連品とニューセラミックおよびその応用商品の製造・販売を行っています。代表的な商品のスパークプラグは世界シェアトップを誇る。 2022年10月発表時点で2023年の予想配当金は102円➡166円の増配修正となっています。考察時点での配当利回りは6.12%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8411】みずほFG【2022年本決算】

みずほFGは2003年設立。第一勧銀、富士銀、日本興業銀行の統合により誕生した3大メガバンク(三菱UFJ・三井住友)の1角。金融・証券関連の事業を展開。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は維持予定となっています。考察時点での配当利回りは5.04%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8424】芙蓉総合リース【2022年本決算】

芙蓉総合リースは1969年の設立。日本の大手総合リース会社で事務機器、情報関連と不動産関連のリースに強み。みずほ系。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は285円➡316円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.91%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2121】MIXI【2022年度本決算】

ミクシィは1997年に求人情報サイトの運営から始まり、代表的なヒット作としてはSNSの『mixi』、ソシャゲの『モンスターストライク』を運営。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.70%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8593】三菱HCキャピタル【2022年本決算】

三菱UFJリースの配当予定が発表されました! 前年25円から25.5円の増配となりました。コロナ禍の影響は大きいかとは思いますが、保有株での減配発表が続く中での増配は素直に嬉しいです。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9433】KDDI【2022年本決算】

KDDIは1984年創業。総合通信大手で携帯・光回線で事業を展開しています。 携帯事業のauがサービスブランド名として著名で、沖縄セルラーを傘下に持つ。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は125円➡135円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.15%
お金の話

節約への道 ~投資資金を確保セヨ~

節約しての投資金額の捻出。ここ2年は生活インフラを切り替え続け、節約出来る仕組み作りを行ってきました。 下記を全てやれば必ず投資資金を少なからず捻出する事は可能だと思います。王道ですが、効果は絶大です。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9101】日本郵船【2022年本決算】

日本郵船は1885年の創業。定期船事業、航空運送事業、物流事業、不定期専用船事業、不動産業、その他の事業の6部門を展開。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は483.33円➡350円の減配予定(※分割調整済み)となっています。考察時点での配当利回りは13.03%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5186】ニッタ【2022年本決算】

ニッタは1885年創業(設立は1945年)。伝道用革ベルトの老舗企業で様々な分野でホースやチューブなどのゴム製品を展開。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は100の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.50%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9104】商船三井【2022年本決算】

商船三井は1878年の創業。海運の大手企業で、鉄鋼・石炭・木材チップ・原油を運輸するタンカー、液化天然ガス等のLNG船、他にコンテナ船等展開は多岐に渡る。2022年7月発表時点で2023年の予想配当金は400円➡500円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは17.56%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4972】綜研化学【2022年度本決算】

綜研化学は1948年の創立。アクリル樹脂原料の粘着剤の製造と販売、液晶パネルや自動車等用途は多岐に渡る。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は75円➡85円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.41%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6301】小松製作所【2022年本決算】

小松製作所は1921年の創業。建設機械で世界2位の企業でアジアを含め幅広く展開。2022年4月発表時点で2023年の予想配当金は維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.53%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7713】シグマ光機【2022年本決算】

シグマ光機は1977年設立。『光』をキーワードに掲げて、主に製造用・研究開発用のレーザーを手掛けている企業です。 2022年7月発表時点で2023年の予想配当金は維持予定となっています。考察時点での配当利回りは2.54%
お金の話

ふるさと納税2年目 楽天ポイントと併せてお得さUP!

2020年から少しでもお得な情報を取り入れて実践、節税の一環として始めたふるさと納税も2年目に突入。 去年は4万円のふるさと納税は若干オーバー気味だったのですが、今年の増収具合も見た上で、改めて4万円程の寄附金で行いました。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9412】スカパーJSAT HD【2022年本決算】

スカパーJSAT HDは2008年の設立。衛星インフラを所有している電気通信事業者で十数機の通信衛星を運用し有料多チャンネル事業を展開。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.40%
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました