2021-02

資産状況

すこやか株 月間資産公開 2021年2月28日現在ポートフォリオ

総資産¥4,561,993 前月比+280,958円 米国株が評価額ベースで初めて100万円を突破!株式投資の割合が上がり存在感が強くなってきました。 株高は連日続いており、順調に資産を増やすことが出来ています。しかし大規模な調整はあり得るものとして大きな下落の局面が来ることも覚悟しておきます。
給与所得

すこやか株 昇格となり異動!投資は変わらずに継続をする決意で!

4月より一般事務員より主任へと昇格となりました。 しかし新たな配属場所が現在の片道20kmより恐らく35kmほどへと遠くなります。今は通勤時間中に金融リテラシー系のYouTubeで勉強しているのですが、銘柄考察や投資に避ける時間とブログの更新頻度が減る事になりそうです。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9434】 ソフトバンク 3Q

ソフトバンクは1986年設立の通信大手の企業です。近年はヤフーやZOZO等のグループ化を推し進めており拡大を続けています。 2021年2月発表の3Qで配当金は85円➡86円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.99%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5020】ENEOS HD 3Q

【5020】ENEOS HD ※2021年2月20日時点考察  石油製品の精製と販売を主軸にガス・石炭の輸入販売と石油化学製品の製造・販売を行っている企業です。ガソリンスタンドで見掛ける事が多いのでは無いでしょうか?2021年2月発表の3Qで配当金は22円の維持となっています。考察時点での配当利回りは4.84%
銘柄考察

【上場廃止 7312】タカタ 民事再生により上場廃止を数字で見る

 【上場廃止 7312】タカタはエアバッグやシートベルトで世界シェアの2割を占めていた企業でした。 エアバックの欠陥リコールと訴訟のニュースがかなりの頻度で流れていましたので、まだ記憶に新しい人も多いのでは無いでしょうか? 最終的にはリコールの対象車が1億台以上で1兆円と巨額の費用を抱えきれずに破綻しています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2902】太陽化学 3Q

【2902】太陽化学※2021年2月17日時点考察 増配予定 太陽化学は1948年設立。研究開発型の食品素材を扱う企業で水溶性食物繊維や食品、化粧品等を扱っている企業です。 2021年2月発表の3Qで配当金は53円➡54円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.95%
株式投資

日経平均3万円の大台回復 すこやか株の戯言

とうとう日経平均が3万円台まで回復しました。 金融緩和をしている目論見通り、資金は市中に流入し、そして株式市場までその影響は及んでいるようです。 しかし近い将来にある程度の調整という名の暴落が訪れると考えています。この招かざる客を迎える為に現金の保有比率はしっかりと高めて行きたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8411】みずほFG 3Q

【8411】みずほFG※2021年2月14日時点考察 配当維持 みずほFGは2003年設立の銀行で、第一勧銀、富士銀、日本興業銀行の統合により誕生した3大メガバンク(三菱UFJ・三井住友)の1角で金融・証券関連の事業を展開しています。2021年2月発表の3Qで配当金は75円の維持となっています。考察時点での配当利回りは4.90%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【1951】協和エクシオ 3Q

【1951】協和エクシオ ※2021年2月12日時点考察 増配予定 協和エクシオは1954年創立。NTT工事等の電気通信工事を手掛ける企業です。 2021年2月発表の3Qで配当金は80円➡82円の増配予定となっています。配当利回りは2月12日考察時点で2.85%
株式投資

早まったか?! すこやか株 JT株を損切り!パニック売りを猛省せよ!

今回のJTの配当金減配を受けて1959円で損切り! JTの減配に関してはこちらで書いていますが、色々と考えた結果全て売却(売り注文時点では含み益アリ)致しました。 ※全てと言っても15株3万円相当です 何故?売却と言う判断に至ったかをまとめてみようと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3405】クラレ 4Q

【3405】クラレ ※2021年2月10日時点考察 減配 クラレは1926年設立の企業で、主に高機能繊維、樹脂、化学品分野の事業を展開しています。 2021年2月の4Q発表で配当金は42円➡40円の減配となっています。考察時点での配当利回りは3.16%
銘柄考察

【2914】日本たばこ産業 2021年は減配予定【速報版】

【2914】日本たばこ産業 日本たばこ産業が2021年2月9日の発表で減配となる事が判明しました。 2021年の配当金が154円➡130円の減配予定となっています。 考察時点での配当利回りは6.04%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5186】ニッタ 3Q

【5186】ニッタ ※2021年2月6日時点考察 減配予定 ニッタは1885年創業(設立は1945年)は伝道用革ベルトの老舗企業で様々な分野でホースやチューブなどのゴム製品を展開しています。 2021年2月発表3Qで配当金は70円➡65円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは2.78%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【4928】ノエビアHD 1Q

【4928】ノエビアHD ※2021年2月4日時点考察 配当維持予想 ノエビアHDは1964年創業で、主に化粧品事業を中心に医薬・食品関連事業なを展開している企業です。 2021年1月発表の1Qで配当金は205円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.11%
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2021年1月配当金報告

すこやか株 月間配当金推移 配当金報告を毎月記録していく事に致しました。 2021年1月の配当は日本株のダイワ上場投信 東証REIT指数39円の配当金と米国株のARCCーエイリス・キャピタル$5.46からスタートです。これが少額投資で始めた高配当株の配当金の真実です!
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました