2022-09

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【6134】FUJI【2022年本決算】

FUJIは1959年の創業。主要製品は電子部品向けの自動装着ロボットでトップ。工作機械関連も扱っています。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は70円➡80円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.10%
銘柄考察

【HDV】米国株高配当株ETF 2022年9月期 増配

HDVの2022年9月の配当金は$1.231175と前年の同月比で161.1%の大幅な増配となりました。 前半部分をカバーする形で大幅な増配。今期はこのままどうなるのかと見ていましたが、ようやく帳尻を合わせて来ています。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【1951】エクシオグループ【2022年本決算】

エクシオグループは1954年の創立。NTT工事等の電気通信工事を手掛ける。協和エクシオより社名変更。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は96円➡102円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.73%
銘柄考察

【VYM】米国株高配当株ETF 2022年9月期 増配

VYMの2022年9月の配当金は$0.7672 前年同月比で102.7%の増配となりました。HDVが不調な中で特に安定感の高さが目立つVYMです。保有する株数は多くは有りませんが、今年も配当金をしっかりと確保させて頂きたいと思います。
銘柄考察

【SPYD】米国株高配当株ETF 2022年9月期 増配

SPYDの2022年9月の配当金は$0.418383 前年同月比で121.8%の大幅な増配となりました。 6月に続いて9月の配当も安定して推移しています。米国自体が景気後退を迎えれば配当金自体への影響は少なからず受けるものとして、心構えだけはきっちりしておきたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9769】学究社【2022年本決算】

学究社は1976年の設立。中学・高校・大学への受験指導を行う進学塾『ena』の運営を手掛けており、海外赴任者の子女向けに帰国後の受験指導等も行う。2022年3月発表時点で2023年の予想配当金は75円➡80円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.88%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2353】日本駐車場開発【2022年本決算】

日本駐車場開発は1991年の設立。駐車場事業(6割)・スキー場(2割弱)・テーマパーク(2割弱)を展開しています。2022年9月発表時点で2023年の予想配当金は5円➡5.25円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.16%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8001】伊藤忠商事【2022年本決算】

伊藤忠商事は1858年の創業。日本の大手総合商社で世界62か国に約100の拠点を持ち多くの分野で輸出入・投資活動を多岐に渡って行う。非財閥系。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は110円➡130円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.40%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【3294】イーグランド【2022年本決算】

イーグランドは1989年の設立。中古の戸建て・マンションをリフォームして販売する中古住宅再生事業を展開しています。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は71円➡79円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.92%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7893】プロネクサス【2022年本決算】

プロネクサスは1930年の創業。上場会社向けのディスクロージャー関連事業とIR支援事業が主な展開事業となります。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は35円➡36円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.72%
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2022年8月配当金報告

2022年8月の配当金は 日本株から 3,385円(前年比 307.4%増 +2,284円) 米国株から $10,42(前年比 63.2%増 -$6.07) の入金(税引き後)となりました。
資産状況

【高配当株ポートフォリオ】2022年8月31日現在 資産公開

【高配当株ポートフォリオ】2022年8月31日現在 資産公開 総資産 8,975,432円 前月比 +235,595円 投資の環境はあまり良さそうな感じはしませんが、資産形成は淡々と続けます。1,000万円の大台がそろそろ見えて来そうです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました