2022-06

銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7820】ニホンフラッシュ【2022年本決算】

ニホンフラッシュは1964年の創立。住宅内装部品を扱うメーカーでマンションの内装ドアは国内トップシェア。中国での事業割合が高い。2022年6月発表時点で2023年の予想配当金は32円➡36円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.59%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8316】 三井住友FG【2022年本決算】

三井住友フィナンシャルグループは2002年に設立された金融機関で3大メガバンクの一角を占めます。 主要な事業は銀行、リース、証券、クレジットカード、コンシューマーファイナンス等、幅広く展開しています。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は210円➡220円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.40%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8053】住友商事【2022年本決算】

住友商事は5大総合商社【三菱商事・三井物産・伊藤忠商事・丸紅・住友商事】の一つで66の国と地域で事業展開が行われており。経営は多角化。2022年月発表時点で2023年の予想配当金は110円➡90円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは4.96%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9303】住友倉庫【2022年本決算】

住友倉庫は1899年創業。倉庫業・運輸業・不動産業を中心とした総合物流を展開している企業です。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は97円➡100円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは5.08%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【7483】ドウシシャ【2022年本決算】

ドウシシャは1974年の創業。ブランド品の卸売りから生活関連商品の企画・開発・生産・販売を中心とした開発型ビジネスモデルを展開。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は60円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.99%
銘柄考察

【SPYD】米国株高配当株ETF 2022年6月期 増配

SPYDの2022年6月の配当金は$0.40499 前年同月比で101.5%の小幅な増配となりました。 3月に続いて6月の配当も安定して推移しています。米国自体が景気後退を迎えれば配当金自体への影響は少なからず受けるものとして、心構えだけはきっちりしておきたいと思います。
銘柄考察

【VYM】米国株高配当株ETF 2022年6月期 増配

VYMの2022年6月の配当金は$0.8479 前年同月比で112.7%の増配となりました。HDVが不調な中で特に安定感の高さが目立つVYMです。保有する株数は多くは有りませんが、今年も配当金をしっかりと確保させて頂きたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8410】セブン銀行【2022年本決算】

セブン銀行は2001年の設立。コンビニ等に設置されているATM事業、決済口座事業を中心に海外でも事業を展開しています。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は11円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは4.45%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【9142】九州旅客鉄道【2022年本決算】

九州旅客鉄道は1987年の設立。観光列車、新幹線の運行を行うだけでなく、不動産、ホテル業や外食など経営の多角化を図る。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は93円の維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.45%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2902】太陽化学【2022年本決算】

太陽化学は1948年の設立。食品、化粧品、トイレタリーを扱う企業で上場先は名証2部。 2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は64円➡53円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.33%
銘柄考察

【HDV】米国株高配当株ETF 2022年6月期 減配

HDVの2022年6月の配当金は$0.569695 前年の同月比で70.3%の減配となりました。米国の高配当株ETFの苦戦が続いています。配当金は冴えない数値となっていますが、株価自体は大きく崩れてはいません。米国株は耐えるターンと考えて気長に見守りたいと思います。
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【2531】宝 HD【2022年本決算】

宝HDは1925年の設立。酒造・みりんの製造・販売。みりんは最大手。傘下のタカラバイオでは検査用試薬・理化学機器事業をコア事業として扱う。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は37円➡29円の減配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.05%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【8750】第一生命 HD【2022年本決算】

第一生命HDは1902年の創業。生命保険、損害保険を取り扱う大手企業で契約者は800万人を数える、近年はM&Aにより海外事業も展開。2022年5月発表時点で2023年の予想配当金は83円➡86円の増配予定となっています。考察時点での配当利回りは3.17%
銘柄考察

【銘柄考察】高配当日本株【5388】クニミネ工業【2022年本決算】

クニミネ工業は1943年設立。粘土鉱物であるベントナイトの採掘・製造・販売に強みのある企業です。 2022年月発表時点で2023年の予想配当金は維持予定となっています。考察時点での配当利回りは3.13%
配当所得

高配当株投資の真実はここにある 2022年5月配当金報告

2022年5月の配当金は日本株から2,312円、米国株から$13.2の入金(税引き後) これで2022年の合計配当金額は日本株から9,740円、米国株から$129.51となりました。 いよいよ6月は配当金ラッシュ月です。楽しみながら入金を見守りたいと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました