スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【1951】エクシオグループ【3Q時点考察】

スポンサーリンク

【1951】エクシオグループ【3Q時点考察】 ※2022年4月17日時点考察

エクシオグループは1954年の創立。NTT工事等の電気通信工事を手掛ける。協和エクシオより社名変更。

2022年2月発表時点で
2022年の予想配当金は82円➡90円の増配予定となっています。
考察時点での配当利回りは4.14%



配当の部

配当金は右肩上がりで推移しています。2020年にはEPSが大きく減少し配当性向が大きく増加する場面もありましたが、現在は元の水準に戻しつつあります。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

コロナ禍でも売り上げは堅調です。利益率は10%を切る水準で推移しています。



財務の部

自己資本比率は50%台後半ですが、直近では有利子負債比率が増加しつつあります。

CFの部

営業CFは黒字での推移を続けています。

過去10年のチャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック時の下落から回復をしていましたが、現在は下落基調で推移しています。

すこやか株の方針

コロナ禍でも通信インフラ工事は手堅い業績で推移しています。
株価は下落基調で配当利回りも悪く無い銘柄なので、投資先として十分に考えられるものと見ています。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考に銘柄考察時点でまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました