スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【5105】TOYO TIRE 【本決算】

スポンサーリンク

【5105】TOYO TIRE ※2021年9月25日時点考察

前回考察TOYO TIRE次回考察

TOYO TIREは1945年の設立。タイヤ事業で国内4位の規模、免震ゴムでの不正が2016年に発覚しています。

2021年2月発表で
2021年の予想配当金は45円の維持となっています。
考察時点での配当利回りは2.25%

配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

配当金額は45円の維持が続います。EPS、配当性向は不安定な推移となっています。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

売上高は4,000億で頭打ちとなっています。経常利益率は低い水準では無いのですが、最終的な純利益には波があります。2016年の赤字は免震ゴムの不正発覚による特別損失によるものです。



財務の部

自己資本比率は50%弱まで上がって来ており、代わりに有利子負債比率は減少傾向が続いて来ています。財務状況はこれを見る限りでは改善傾向にあるようです。

CFの部

営業CFは継続して黒字となっていますが、フリーCFでは赤字になる年が目立ちます。

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック前より減少傾向にありましたが、直近の日経平均の上昇に合わせる形で株価は上昇していきています。

すこやか株の方針

各種の数値だけを見た場合は投資先として検討の余地があるのですが、2016年の免震ゴムの不正に関しては頂けません。事件株には極力手を出さないつもりですので、投資対象としては見合わせになりそうです。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました