スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【5351】品川リフラクトリーズ【2021年本決算】

スポンサーリンク

【5351】品川リフラクトリーズ【2021年本決算】 ※2021年11月9日時点考察

品川リフラクトリーズは1875年の創業。耐火物の総合大手で耐火物の製造販売、工業窯炉の設計施工、ファインセラミックスの販売を行う。

2021年11月発表で
2022年の予想配当金は130円➡190円の増配予定となっています。
考察時点での配当利回りは5.04%

配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

配当金は2期連続での減配より今期の予想では一気に上昇しています。これは会計基準の変更に伴うものもある様ですが、実際の収益予想もコロナショックよりは回復しています。
配当性向は無理の無い範囲での推移となっています。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

鉄鋼業向けの需要に左右される部分があるようで、売上高は横這いに近い推移を続けています。しかし利益率は改善してきており、現在では10%弱の水準に近づいて来ています。



財務の部

自己資本比率は50%を越えて来ています。純資産が積み上がり、有利子負債比率が低下していく理想的な形で推移しています。

CFの部

営業CFは一貫して黒字で推移しています。現金等も徐々に積み上がりつつあります。

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック時には2,000円前後まで下落していましたが、現在はコロナ前の水準まで回復しています。

すこやか株の方針

会計基準の変更もあり、数字上は増配。配当利回りが一気に上がっているいう要因があるものの、高配当株の投資先としては十分に検討出来る内容でした。気になる点としては将来性の点でしょうか?直ぐに投資とはなりませんが、今後は定期的に見て行こうと思います。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考に銘柄考察時点でまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました