スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【8015】豊田通商【2022年本決算】

スポンサーリンク

【8015】豊田通商【2022年本決算】 ※2022年5月6日時点考察

豊田通商は1948年の設立。トヨタ系の総合商社で自動車関連の事業が中心。

・2023年月期の売上高は27.2%増の8兆280億円、営業利益は38.1%増の2941億4100万円で着地。
・2023年の配当予想は2円の増配予定となっています。

2022年4月発表時点で
2023年の予想配当金は160円➡162円の増配予定となっています。
考察時点での配当利回りは3.56%



配当の部

配当は右肩上がりを継続しています。配当性向は20%台で手堅く推移をしています。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

2022年度は大幅な増収・増益となっています。
コロナ禍を含めて営業利益は安定している印象。2016年は加・豪州のガス事業による特別損失によるものとなっています。

財務の部

有利子負債額自体は増加していますが、純資産の増加割合の関係で自己資本比率は上昇、有利子負債比率は減少となっています。

CFの部

営業CFは黒字の維持が続いています。現金等は積みあがりつつあります。

過去10年のチャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック時には2,000円台前半まで急落。現在はコロナショック前より大きく回復しています。

すこやか株の方針

商社株としては比較的に安定しているのはトヨタ系で自動車関連の営業利益が大きく占めている所はありそうです。投資先としては十分にアリなのですが、双日と同様に現在は購入するタイミングとしては見ていません。気長に監視を続けたいと思います。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考に銘柄考察時点でまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました