スポンサーリンク

【銘柄考察 番外編】日本グロース株【7974】任天堂【2021年本決算】

スポンサーリンク



【7974】 任天堂 ※2021年5月8日時点考察 本決算

前回考察任天堂 本決算次回考察

任天堂は1889年に創業。ファミコンでゲーム機メーカーとしての地位を確立し、現在NINTENDOスイッチがコロナ禍でも空前のヒットとなっています。

2021年5月発表で
2021年の配当金は2,220円となっています。
考察時点での配当利回りは3.6%

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

ゲーム会社はやはりヒット商品が出るかに全てが掛かっているだけあり、浮き沈みが非常に激しいです。個人的にはスマホに取って代わられる形で衰退するのみの業界かと考えていましたが、完全に見誤りました。

配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

配当金はかなりバラツキがあります。ヒットが出た時の利益を新たなヒット作を生む為に全力で再投資しているのかと考えていましたが、意外と株主に利益還元を行っています。

財務の部

自己資本比率は若干下がっていますが、それでも70%台を保っています。

CFの部

現在はNINTEDO スイッチの躍進で爆発的な利益を挙げています。CFもヒットに準じて上下しています。

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック時には18,000円台まで下げましたが、その後急上昇し現在は29,000円台まで回復を通り越して急上昇しています。

すこやか株の方針

ゲーム機はスマホに市民権を奪われてそのまま衰退を辿る一途だと思っていたのですが、NINTENDOスイッチ、PS4の需要は意外と根強いようです。株価の伸び方は非常に魅力的ですが、それでも投資先としては不確定要素が大きく、自分であれば購入は見合わせると思います。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました