スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【4452】 花王【2021年本決算】

スポンサーリンク

【4452】 花王【2021年本決算】 ※2022年2月27日時点考察

花王は1887年創業。顔も洗える品質の良い石鹸を開発する事が原点となっており、化粧品・洗剤・健康食品等を主な事業として展開しています。

・2022年12月期の売上高は2.7%増の1兆4187億円、利益(IFRS)は13.1%減の1096億円で着地。
・2022年の配当予想は4円増配予定となっています。

2022年2月発表時点で
2022年の予想配当金は144円➡148円の増配予定となっています。
考察時点での配当利回りは2.80%



配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

長年増配を続け続けている銘柄としての知名度は抜群です。しかしEPSは伸び悩んでおり、配当性向は徐々に高い水準に達しつつあります。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

売上高は横ばい、利益率は下降となっています。国内の売上高の減少、原材料の高騰など来期も厳しい経営環境が続きそうです。



財務の部

自己資本比率は50%を越えており、有利子負債比率は低い水準です。

CFの部

営業CF、フリーCF共に安定した黒字で推移しており、現金等も積みあがりつつあります。

過去10年のチャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック後から下降を続けています。PERから見るとまだ割高の水準と言えそうなので、どこまで下降が続くのか見通し辛くなっています。

すこやか株の方針

高配当株としてはあまりにも有名な銘柄です。しかし増配を続けているものの株価は下落を続けています。高配当株投資の中で成長性をどのように評価していくのか?を考える際に参考になる銘柄かと思います。
現段階ではどこまで株価が下落をするのかが見通せないので、投資は考えてはいません。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考に銘柄考察時点でまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました