スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【8001】伊藤忠商事【2021年本決算】

スポンサーリンク



【8001】伊藤忠商事 ※2021年5月23日時点考察 本決算

前回考察伊藤忠商事 本決算次回考察

伊藤忠商事は1858年の創業。日本の大手総合商社で世界62か国に約100の拠点を持ち多くの分野で輸出入・投資活動を多岐に渡って行う。傘下にファミリマート等の子会社を持つ。非財閥系。

2021年5月発表で
2022年の予想配当金は88円➡94円の増配予想となっています。
考察時点での配当利回りは2.88%

配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

右肩上がりで増配を続けています。配当性向は2021年でも30%台とまだまだ余裕が感じられます。無理の無い範囲での増配は安定感があります。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

減収・減益とはなったものの収益はきちんと出している印象です。来期も利益は5500億予想を打ち出して来ており三菱商事丸紅よりも安定感が際立っています。

財務の部

自己資本比率・有利子負債比率は他の商社と比べても異常な数値という訳ではありません。しかし有利子負債に関しては元の売上規模が大きいので、経営状況を含めてしっかり注視していく必要がありそうです。

CFの部

キャッシュフローはしっかりと黒字を確保しています。現金に関しては売り上げの規模に比べるともう少し保有しているものかと思っていました(金額が少ないという意味合いではありません)

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック後に2000円前半まで落ち込んでいましたが、2020年の夏場にウォーレン・バフェットが日本の商社株を買い入れたとの情報が入り一気に上昇。一段落したあとは業績の堅調さと日経平均の押し上げもあり、上昇を続けています。

すこやか株の方針

業績はコロナ禍の中でも堅調さが目立ちます。最初期に購入したタイミングでバフェットの購入情報が入り1株を購入したまま株価が上がり続け、買い増しが一切出来ていません。現在の株価では配当利回りの関係もあり購入は見合わせている状況なので、調整局面がもし来たら買い増せるように注視していきたいと思います。

日本株の投資はネオモバにて実践中!
SBIネオモバイル証券 口座開設
SBIネオモバイル証券

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました