スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【1808】 長谷工コーポレーション 3Q

スポンサーリンク



【1808】長谷工コーポレーション ※2021年4月16日時点考察 配当維持

【1808】長谷工コーポレーション 前回の考察記事
※考察のフォーマットを一新したので改めての考察記事になります。

長谷工コーポレーションは1937年創業。
建設・不動産の大手でマンション建築では業界トップの企業となります。

2021年2月発表で
2021年の予想配当金は70円の維持となっています。
考察時点での配当利回りは4.41%

配当の部

 ※予想と利益率に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

2期連続での減配は避けられそうですが、EPSは減少予想の為、配当性向は上昇するものと考えられます。配当利回りは前回考察時よりもだいぶ下がりましたが、それでも4%台半ばと高配当の水準を維持しています。

業績の部

 ※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

2期連続での減収減益となりそうです。コロナ禍前までは増収・増益で来ており、アフターコロナで再び元の軌道に乗れるのか?不明な部分が多いです。

財務の部

負債は低下して自己資本比率は上昇と当然と言えば当然の事なのですが、綺麗な右肩下がりと右肩上がりになっています。

CFの部

営業CF・フリーCF共に赤転・現金も大きく減少しています。
前回の考察時には目を通していない指標だったのですが、改めて見ると一時的なもので無ければかなり危険な要素です。現在の購入判断基準で考えると購入を見合わせています。

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

元々波のある銘柄ですが、コロナショック以前の水準まで現在は回復しています。

すこやか株の方針

最初期の銘柄考察からだいぶ見るものが増えて来ました。現在はコロナ以外の要因が経営にどのような影響を与えているか見え辛くなっています。
改めて見るとCFの赤字を見ていないのはまずいですね・・・純利益が赤字転落をしている訳ではありませんので、5月の本決算及び今後の動向に関して注意を払うようにします。

今後も徐々に見る指標を増やし考察の精度をアップデートして行きたいと思います。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました