スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【3449】テクノフレックス【2021年本決算】

スポンサーリンク

【3449】テクノフレックス【2021年本決算】 ※2022年2月18日時点考察

テクノフレックスは2001年設立。金属加工技術を活かした配管同士の接続部分である管継手を製造する継手事業を中心に防災・工事事業・自動車・ロボット事業及び介護事業を展開。

・2021年の売上高は196億3千万円で4.8%増。純利益は17億円で42.6%増での着地となりました。
・配当は維持予想となっています。

2021年月発表時点で
2022年の予想配当金は41円の維持となっています。
考察時点での配当利回りは4.02%



配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

配当は維持で推移しています。維持ではありますが配当性向は60%から40%台へと減少し、無理な配当では無い水準にまで戻っています。これからのEPSの伸びに期待したい所です。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

劇的な伸び方はしていませんが、2021年はきっちりと増収増益としています。利益率も10%台と高い水準にありますので、地味に伸びて欲しい所です。



財務の部

資産は増加傾向で推移しています。自己資本比率は70%前後と高く。有利子負債比率は減少で推移しています。

CFの部

営業CFは黒字で推移しているのですが2021年は大きく減少しているのが気になる点です。現金等は横這いとなっています。

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

1,000円を少し越える辺りで推移し続けています。コロナショック後の落ち込みから一気に回復していますが、凍り付いた様に株価が動いていません。

すこやか株の方針

すこやか株のポートフォリオ組み入れ銘柄となります。高配当株はもう少し長い期間の実績がある企業を選択すべきなのかもしれませんが、今後の増配・株価の上昇も狙う邪念の有る投資先となっています。コロナ禍でも安定した業績で推移してくれているので、正直ホッとしています。
これからも折を見て増資予定です。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考に銘柄考察時点でまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました