スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【4502】武田薬品工業【2021年本決算】

スポンサーリンク



【4502】武田薬品工業 ※2021年5月13日時点考察

前回考察武田薬品工業 本決算次回考察

武田薬品工業は1781年に江戸幕府免許の元で薬種仲買商店として創業。
現在は世界的製薬企業に向けてM&Aを進めています。2019年にシャイアーを買収しており、製薬会社としての売上高は国内首位、世界では第9位の規模となっています。

2021年5月発表で
2022年の配当金は180円の維持予定となっています。
考察時点での配当利回りは4.88%

配当の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

武田薬品工業に関しては方針として配当金の30期未減配を行って来ています。
そもそも企業が存続していなければ配当の維持も絵に描いた餅になってしまいます。株価がシャイアーの買収以降に半減している事を考えるとタコ足配当のような形になってしまっています。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

2021年は減収増益となっています。買収による売上高の増加は続いていますが利益を安定して計上出来るのか?企業として出している予算に対してしっかりと利益を出せるのか?を注視して行きたいと思います。

財務の部

相次ぐ買収により急速に資産が膨張しています。自然と自己資本比率の低下と有利子負債の上昇が見られます。

CFの部

営業CFがプラスで推移しているのは個人的には好材料かと思います。赤字になっている部分では買収による投資CFが巨額に計上されたりと要因があってのものにはなっています。

過去10年チャート

※日経スマートチャートプラスより転載

シャイアーの買収から大幅な下落が続いています。コロナショック時の下落からはある程度回復しています。製薬会社なのでコロナ禍が追い風になるのでは?と考えていましたが、やはりそう単純ではありませんでした。

すこやか株の方針

ポートフォリオに組み込んでいる銘柄の中で懸念材料の多い銘柄となっています。『この規模の企業が早々に破綻する事は無いだろう』『他の高配当株投資家が購入している』等々見込みは我ながら甘いです。ただこの銘柄に全財産を突っ込んでいる訳では無いので(投資資産の総額から見ると金額ベースで2%程)こういう枠が多少はあっても良いと考えています。

日本株の投資はネオモバにて実践中!
SBIネオモバイル証券 口座開設
SBIネオモバイル証券

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました