スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【3003】ヒューリック【2021年本決算】

スポンサーリンク

【3003】ヒューリック【2021年本決算】 ※2022年3月18日時点考察

ヒューリックは1957年に日本橋興業株式会社として設立。不動産事業を手掛けて来ており、2007年に現ヒューリック株式会社に改めて事業を展開しています。

・2021年12月期の売上高は31.6%増の4470億7700万円、経常利益は14.5%増の1095億8100万円で着地。
・2022年の配当予想は1円の増配予定となっています。

20222022



配当の部

配当金は増配を続けています。しかしEPSは伸び悩んでおり、配当性向が徐々に上がりつつあります。

業績の部

※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

2021年は増収増益で着地しています。経常利益率は20%台と高い水準にあります。



財務の部

資産を急速に拡大しつつあります。有利子負債比率は不動産業である事を考えると特筆して高いとも言えない水準です。

CFの部

営業CFは一貫して黒字で推移しています。現金等は近年急激に増加しています。

過去10年のチャート


※日経スマートチャートプラスより転載

コロナショック時は900円を挟んで推移していましたが、その後回復したものの現在は1000円を越える所に落ち着いています。

すこやか株の方針

悪い銘柄では無いのですが、不動産業の高配当銘柄は数多く、あえてヒューリックを選ぶには少し材料に乏しい感じです。不動産のセクターはそれなりにリスクも高そうなので、今後はJリートETFである程度分散出来れば良いのでは無いかと考えています。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考に銘柄考察時点でまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました