スポンサーリンク

SBI ネオモバイル証券【ネオモバ】で投資を始めて半年の感想

スポンサーリンク

日本株の投資をネオモバで始めて半年

個別投資を始めてからおおよそ半年が経過しました。証券口座の開設は楽天証券とSBIネオモバイル証券でしており、米国株の投資は楽天証券、日本株の投資に関してはネオモバを活用しています。今回は実際に使ってみての感想を書いて行こうと思います。

SBIネオモバイル証券 口座開設

 

ネオモバとは?

SBIネオモバイル証券は2018年に設立された比較的に新しい証券会社で1株単位(S株(単元未満株))から銘柄を購入出来る点やTポイントを活用しての投資等を魅力として掲げています。

利用料は?
1ヶ月の約定代金の合計金額が50万円以下の場合は月額の利用料は220円
となっています。

※2021年1月現在の情報です。最新の情報は直接公式ページで確認してみて下さい。

ネオモバを使ってみた感想

①直感的に操作できる

これは特にスマホで銘柄の購入をする際に感じた良い点ですが、ログインして少し触ってみるだけでもかなり理解はし易い作りになっています。

私は米国株投資では楽天証券を使っていますが、こちらはどちらかと言うとPCで使う前提で開発されているのか、細かすぎてスマホだとかなり使い辛いです(専用のアプリがあるのですが、楽天証券内で使い分けるのが面倒なので結局使っていません)

②余計な機能が無い

ネオモバは余計な機能が削ぎ落とされているので、投資で何となく怖いイメージのある信用取引等は機能として無いので使い様がありません。

上記に関しては自分の無知さもあったのですが、普通は信用取引を行うのには正式な申し込みが必要であり、押し間違い等ではそもそも利用出来るようなものではありませんでした。
しかし漠然と株取引そのものに関する恐怖心みたいなものを和らげてくれるのには有効かもしれません。

③シンプルな分スクリーニングや銘柄分析の機能が無い

①②ではシンプルさがメリットになっていましたが、逆に銘柄を分析したりするような機能に関してはほぼ皆無に近いです。これに関してはネット上で無料会員登録出来る範囲で他にいくらでもあるので、割り切ってそちらを使えば済みます。

④比較的に少ない投資金額でも分散したポートフォリオを作成し易い

下記は実際に組んでいる12月末時点でのポートフォリオになります。
50万弱の投資金額ですがおおよそ30銘柄に分散して投資する事が出来ています。

例えば東京海上HDは現在5000円前後の株価で推移していますが、これがもし100株単位での取引であれば東京海上HD1銘柄に50万を投資して終了になってしまいます。

私は当初の入金額は12万円ほどから開始していますが、最初期から投資先の銘柄分散をしながら現在に至っています。

⑤恐らくデイトレードには不向き

ネオモバはデイトレードのようにスピード感を要求される取引には大きく2つの点で不向きかと思われます。

取引の約定(銘柄の購入注文の完了)が注文を出してすぐに成立する訳では無くタイムラグがある点

もう一つは指値での注文が出来ないので、相場の急な動きに対して対応出来ない可能性がある点。

私自身がデイトレードをやっている訳では無いので偉そうな事は言えませんが、もしやるとしたら他の証券会社での口座開設を検討すると思います。

投資に限らず情報の判断は自己責任で

投資に限った話ではありませんが、情報に接した時に一番重要だと思うのはとにかく自分で考えて見る事だと思います。投資自体はリスクを伴うものですので、良く考えた上で判断して頂くようにお願い致します。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました