スポンサーリンク

東証がシステムダウンにより取引停止状態

スポンサーリンク

東京証券取引所が停止状態

東京証券取引所、言わずと知れた東証ですが10月に入った初日からシステム障害で取引停止となっています。原因に関してはこれから正確なものが明らかになってくるとは思いますが、これから株式市場への投資を本格化させる身としては気になる状況となっています。

バックアップ態勢は?

ニュース等の情報によるとシステム障害等があった際のバックアップシステムもあったようですが結果として機能しなかったのが現実だったようです。株を扱っているマーケットが機能やリスクの分散が出来ていなかったのは大きな皮肉と言えるかもしれません。

過去にもシステム障害等がニュースで流れていた記憶はありますが、全面停止は初との事で、残念ながら過去の教訓を生かし切れなかったようです。

正直個人的にはシステムを作り上げるのは人の手なので、完全・完璧な運営が期し難いのは理解出来るので、必要以上に口汚く罵る趣味はありませんが、取引規模も考えると丸一日取引停止という事態に陥ったのはお粗末な気がします。

失った信頼を取り戻すのは難しい

日本国内での閉じた環境では無いので、今回の件で国際的な信用は相当毀損されてしまったのでは無いでしょうか?マーケット自体が信用そのもので成り立っている様なものなので、過度な買い控え等に繋がらないか心配です。仕事にしても人間関係にしてもそうですが、信頼を崩すのは一瞬ですが、信頼を得るのは正に『築く』という言葉が使われるのが納得出来るぐらい時間と実績が必要となります。

昨今香港の金融都市としての機能が失われる部分を東京に持って来られるのでは無いか?との意見にちょっと期待していたのですが、こんな事では道のりは険しそうです。

すこやか株への影響は?

これに関してはデイトレーダーでは無いので全くありませんでした。
どちらかと言うと今回の件で値を下げる銘柄を見極めて拾えるものがあるかを探る事ぐらいでしょうか?あとは長期的に見て日本のマーケットはシステム面で脆弱等のイメージが付き資金が逃げ出す事が無いようにしっかりとバックアップ態勢を構築される事を願います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました