スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【8766】東京海上HD

スポンサーリンク

【8766】東京海上HD ※2020年11月25日時点考察

東京海上HDの次回考察(本決算)はこちら

国内最大級の損害保険会社(メガ損保)。生保事業にも力を入れつつあり。
コロナ禍においては対面営業に多大な影響が出ている。

11月の発表では予測よりも利益を伸ばしており、
増配予定となる
前期225円➡今期予想235円
の発表。コロナ禍で増配予定と嬉しいサプライズとなりました。

楽天スクリーニング

【株価】5,551円
【配当利回り】4.05%
【経常利益率】6.66%
【自己資本比率】13.35%
【PCFR】10.62%
【EPS】369.74円

株価は最近のNYダウ・日経平均の連日高値更新もあり一気に上がっています。
それでも配当利回りはまだ4%台とかなり高めです。
自己資本比率の低さに関してはメガ系の企業はこういうものぐらいで最近は考えています。
営業CFや現金の保有もしっかりしているのでこの辺りは気にしていません。

過去の業績と配当実績

増配傾向で推移。配当はかなり安定して出してくれそうです。
2012年赤転の際にも配当を出した時の配当性向のせいでグラフが変な事になっていますね。配当性向が低く見えますが、最近は配当性向が60%前後とそこそこ高い水準です。

コロナ禍での減収減益はやむを得ないとしても、近年は業績の伸びが緩やかになって来ているようにも見えます。

過去1年のチャート

コロナショック前は6000円を前後して推移していましたが、最安値4400円前後を何回も付けて山と谷を作りつつ推移して来ましたが昨今の日経平均高値に連られて5500円台まで回復しています。調整の売りが入る場面は来るのか?に注目しています。

すこやか株の方針

株価はだいぶ高くなってきましたが、まだまだ利回りは4%台と十分に高配当と言える水準ではあります。調整局面がどこかで入るとは思いますので、上手く買い増して行きたいと思います。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,表計算上の切り上げ、切り下げでの差異等が生じる可能性もございます。数値の参考、また投資の参考にされる場合は自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました