スポンサーリンク

【銘柄考察】高配当日本株【8020】兼松

スポンサーリンク

【8020】兼松 配当維持 ※2020年11月28日時点考察

兼松は電子・IT・食料・鉄鋼・プラント事業の他に車両や航空関連も取り扱っている1889年創業の老舗商社になります。
※2020年10月発表では配当維持となっています

配当の部


※予想に関しては現在値と出ている予想を基に計算・算出しています

~配当金~
増配を続けて来ましたが、コロナショックもあり足踏み状態です。この状況下では減配をしない事に期待しています。
~配当利回り~
配当利回りは近年4%台後半で推移しています。高配当株としては十分な水準です。
~配当性向~
配当性向は30%台まで上がって来ていますが、まだ余裕はありそうです。

業績の部


※利益率は売上高と利益【IFRS】基準のデータを基に算出しています

2015年に会社分割が行われています。業績は安定して推移していますが伸びは止まりつつある感じでしょうか?コロナショックで大幅な減収を見込んでいます。

財務の部

自己資本比率は徐々に上がりつつあります。キャッシュフローに関してはまだまだ勉強中です。今は上記の指標に関してはプラスが望ましいぐらいで捉えています。

過去5年チャート

コロナショック時には1000円近くまで下落しています。現在の日経平均の株高にもそこまで連れ高で上がっては来ていません。

すこやか株の方針

コロナショックでも赤字転落にはならなさそうです。今はまだ株安感が強い状況が続いているので買い増しを続ける予定です。

※データの数値は各所サイト様やIR情報を参考にまとめたものになります。参照間違い,自前での表計算上の切り上げ、切り下げを行っておりますので差異等があります。数値の参考、また投資の参考にされる場合は全て自己責任でお願い致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました